« May 29, 2005 - June 4, 2005 | Main | June 12, 2005 - June 18, 2005 »

June 09, 2005

W杯出場決定、おめでとー

3度目のワールドカップ出場であるね。
1度目の時は、すでに次回が日本・韓国で開催されることが決まっていて、
その前に出ておかないと、「日本はW杯出場を金で買った」なんて言われかねない状況での
出場決定に、ホッとしたものだった。
2度目は、そういうわけで予選免除での出場だったので、
予選のカンが鈍って、次の出場は大丈夫か?とか思ってた。

サッカーは好きだけど、元々スポーツ観戦という趣味がないので、
こういうお祭り的なものしか見ないから、今年の代表の
各選手とか、それらの全体のレベルとか、全然知らないんだけど、
今回は、予選グループの相手にも恵まれていたような印象があるね。

昨日の試合は、温度とか、観客がいないとか、いろいろと要素はあったのだろうけど、
なんだか動きが重い感じに見えた
前半など、相手ゴール前での展開が多かったのに、パス回しに失敗したり、
ダイレクトにシュートすべき場面でトラップしたり、
微妙に「いい場所」から外れたところにいたようで、シュートで終わらないプレイばかりだった。

こういう展開って、集中力が切れたら、一気にひっくり返されるって、よく言われるので、心配だった。

ウチの娘が言ってたよ。「青い方が少ないね」って。
娘は他のことして遊んでたので、ワンカットしか見ていないので、
そのフレームに収まった人数を言っていたんだと思うけど、
オイラには、動きの鈍い日本代用への揶揄に聞こえたよ

ただし、相手の北朝鮮も動きの鈍いことにかけては、同等だったみたいで。

先に集中力が切れたのも、北朝鮮だったようで、なんかじつにあっけなくゴールが決まったよね
気持ちいいくらい簡単にキーパーを抜けたように見えた。

二点目が決まった直後の接触プレイで、相手チームのエースが、子供っぽいキレ方してたなあ。
一瞬、試合を壊しにかかったのかと思ったけど、すぐにおさまって、
レッドカードがでて、「ご愛嬌」で済んだかんじでよかった良かった。

| | Comments (218) | TrackBack (1)

June 08, 2005

仮面ライダー本郷猛は改造人間である

さっき聞いたんだけど、今年は『仮面ライダー』映画が、二つあるそうだ。

ひとつは、『仮面ライダー響鬼』の劇場版。
テレビでも放送中のタイトルだけど、毎年恒例となる、
別次元の物語になりそう。
ここのところの劇場版は、近未来(先行最終回とか、数年後とか)だったけど、
今度はぐっと過去に戻って、戦国時代
戻りすぎだろってところだけど、『響鬼』のモチーフが「鬼」だけに、
なんとなくそれもアリかも、と、思えてくる。

今回は、『555』に続いてエキストラ募集をしている。
555』の時に応募しなかったのを、ちょっと後悔していたので、
検討してみようと思って、詳細を見たら、
場所が京都で、ちょっと遠いし、時代劇の扮装をしなきゃならないし、
オーディションで選ばれるのは100名までということだし、
今回もパスかな。

予算が少なくて、衣装代などを節約する策なのかな?


そしてもうひとつが、先ほど情報を得た、仮面ライダーTHE FIRST

元祖『仮面ライダー』の映画化である。

改造人間・本郷猛と一文字隼人が変身する、仮面ライダーである。
ショッカーと戦う、仮面ライダーの、リメイクである。

でも、当然だけど、本郷と一文字の配役は違う。

イメージに固執するのは、作る方も見る方も、いい結果にならないだろうから、
そのへんはなんとか、自然体で見たいとは思うけど、
正直、比べずにはいられないだろうなあ。

その点では、オリジナルを知らない世代が、ちょっとうらやましいかも(笑)

主役のふたりは、まったくの新人という訳ではないし、
特撮の現場にも慣れている人たちのようなので、
その辺は安心できるかな。

しかし、このふたつ、プロデューサーと脚本家が同じなんだよね。

ライダーファンの中には、脚本に井上敏樹氏というだけで、危惧する向きもあるみたいだよね。

そういう書き込みなどを見れば、その意見も否定しきれないし、
雑誌の対談などのえらそうな態度も、あんまり好きにはなれないけど(笑)
ジェットマン』は面白かったし、『アギト』や『555』も面白かったと思うので、
それほど悪いものにはならないんじゃないかと思っている。

雑誌などの記事を見ると、勢い重視、キャラクター重視の脚本家みたいだけど、
今回の二作には、明確に「原作」があることだし、「暴走」することはないんじゃないかな。

決められた枠内で、いい具合にハジケてくれれば、面白い作品になるような気がする。

心配といえば、ひとつ。

テレビで毎年『仮面ライダー』の新作が発表されるたびに、
「こんなのは仮面ライダーじゃない」とか「『仮面ライダー』というタイトルにする必要なし」などとささやかれる。
そういう中には「最初のライダーが一番」という意識もあるだろうし、
「どうせやるなら、最初のライダーをリメイクすればいい」という声もある。
オイラも、今のように、設定を統一して、破綻の少ない物語としての『仮面ライダー』は見てみたいかもと思っていたりする。

今回の『THE FIRST』が、そういう声にこたえたものだとしたら、嬉しいけど、
これからもテレビで「新しいライダーを生み出す側」として、
「オリジナルはリメイクなどせず、思い出の中だけにとどめてた方が、良かっただろう」
というメッセージがこめられるようなものになってたら、どうしよう。
という、かなりいらない心配がある。

しかし、最近のリメイクブームも、ついに『仮面ライダー』にまで及んだなあと感慨深いものがあるが、
近頃では『あずみ』だとか『甲賀忍法帖』の映画化とかで、忍者ものが目立ってきてるし、
響鬼』も時代劇になるし、ということで、
変身忍者 嵐』のリメイクなんかも、見てみたいなと思う。

| | Comments (277) | TrackBack (0)

深夜番組

オイラの日課として、ヨメさんと子供らが寝室に行ったあと、
ゲームを始めると言うのがある。

ヨメさんがゲームをやらないヒトだし、子供らもまだ幼稚園児。
アイトーイプレイ』とか『太鼓の達人』などは一緒に遊ぶけど、
RPGをやるときは、邪魔(笑)

下の娘など、遊び方も分からないのに、やらせろとうるさいし。

で、数時間ほど遊んで、大概の場合は、眠くなったらセーブして
スイッチを切る。

テレビ画面モードを、ゲーム用の外部入力から、通常のテレビチューナーに戻してから、
テレビのスイッチを切るようにしている。
ヨメさんが、この辺の概念を理解しようとしないので、入力を切り替え忘れると、
仕事中に電話が来るので、うっとうしいから。

この切り替えた時にやってる番組が、面白そうだと、
このあと数十分から1時間ほど寝るのが遅くなる。

昨日も、切り替えたらダウンタウンが出てきた。

前にも何度か見ている、一般公募の懸賞に挑戦しようという番組だと思った。
たしか『考えるヒト』とか言ったかな?

と、思ったのもつかの間。
懸賞ではなく、四コマ漫画に挑戦していた。
ダウンタウン松本氏を含めた5人ほどのパネラーが、
4コマ漫画の一コマづつを、フリップに出しあって、
面白いものを選んで、その続きのコマをまた出しあうというもの。
リレー漫画の4コマ版という雰囲気か。

軽く『お笑い漫画道場』っぽいニオイがした。
深夜らしいアングラな雰囲気もあったけど、驚いたのは、
いくつかの漫画雑誌とタイアップして、ここで完成した作品が
載っているということ。

四コマ漫画って、意外と描くのが難しくて、これでプロとしてお金をもらって
生活しようと思ったら、かなり胃が丈夫でなくては勤まらないのではないかと
思うような世界のはずなんだけど、
なんか凄く軽いノリで、15分ほどでひと作品仕上げたりしていた。

番組を見ている時点では、『大喜利』や『漫画道場』を見るノリで、
面白かったりするけど、
番組から離れて、作品だけを見たら、なんだか意味不明な、
つまらない作品だったけど、それでいいのだろうか?

パネラーの一人に、中川翔子氏がいた。
特撮ファンには、『デカレンジャー』のゲスト出演、
アニメファンには『超力ロボガラット』の故・中川勝彦氏の娘さん
としておなじみなのかな?

宇宙船』誌の連載などを見ていると、イラストが見事に同人作家並みで、
なんか凄いのがいるなとは思ってたんだけど、
もう、そっち方面の仕事を中心にやってるんだろうか。

そうそう、番組を最後まで見ていたら、
タイトルが『考えるヒトコマ』に変わってたことに気づいた。

もう、懸賞応募はしないんだろうか。

| | Comments (164) | TrackBack (0)

June 07, 2005

宇宙船休刊

タイムリー性皆無な話題だけど、やっぱり書いておこうと思う。

雑誌「宇宙船」が休刊した。

と言って、「宇宙船」にそれほど思い入れがあるわけではないのだが、
ここのところのトクサツブームのさなかの休刊には、ちょっとばかり驚いた。

確か、今年で25周年を迎えていたように思ったが、創刊当時は、
バリバリ硬派な“SFファン雑誌”だったと思う。

なにやら外国のSF映画を紹介したりしていて、なかなか敷居が高かったような記憶がある。

25年前と言うと、オイラは中学か高校に通っていた頃。
『ガンダム』『イデオン』にハマって、小説なら“星新一”とか、“平井和正”あたりを読んでいて、
まあ、SFの入り口くらいについていた頃だね。(「SF」に関しては、いまだに入り口で戸惑ってるけど)
ただ、この頃の特撮番組って、『ウルトラマン80』、『仮面ライダー(新)』、『電子戦隊デンジマン』あたりを
やっていたはずだけど、オイラは意外と淡々と見ていたような気がする。
(それでも見ていたわけだけど/笑)

オイラが「宇宙船」を読むようになったのって、いつごろだったか、思い出せない。
多分、高校を卒業する前後だったと思う。

アニメ雑誌などを毎月講読するようになったのも、その頃だったはずなので、
本屋で立ち読みするくらいは、やっていたはずだ。

当時は「B-CLUB」というホビー誌で、特撮番組情報を仕入れていたのだけど、
ゴジラ』復活あたりから、「宇宙船」を購読するようになったように思う。

当時は季刊だったはず。
高いけど、年に4回ならいいかと買っていたら、いつの間にか隔月刊になったり、
また季刊に戻ったりしていたなあ。

で、最近では隔月刊で安定していたので、休刊というのは、「まさか」であった。

トクサツブームが裏目に出て、その手の雑誌がニョキニョキ出てきたのが、アダになったのかな。

業界では「休刊」というのは、「廃刊」にも等しい言葉みたいだけど、
「休刊」から復刊した雑誌もあることだし、また、お店で見かけることを、
ちょっとだけ期待しながら、忘れてゆくことにしようと思う。(忘れるこたあないだろう)

| | Comments (278) | TrackBack (1)

« May 29, 2005 - June 4, 2005 | Main | June 12, 2005 - June 18, 2005 »