« August 28, 2005 - September 3, 2005 | Main | October 2, 2005 - October 8, 2005 »

September 12, 2005

仮面ライダー響鬼騒動

なんか、『仮面ライダー響鬼』妙テケレンなことになっている。
オイラは視聴率とか、おもちゃの売れ行きとか、あまり気にしないで
作品を見る方なので、詳しいことは知らない。

でも、まあそのあたりが原因とウワサされる中で、プロデューサーが交代してしまった

そんなこと知らなければ、気にならなかったかも知れないけれど、ネット時代の悲しさで
不確定な情報があちらこちらから入ってくることになった。

『響鬼』は、確かに「仮面ライダー」かと訊かれれば、返答に窮するけれど、
『アギト』以降のライダー同士のいさかいが、少々食傷気味な時に出てきた、
協力して敵を倒すライダーたちの爽やかさがよい作品だと思う。
加えて、やはり『アギト』以降、人間側の暗黒面を描写する作品が続き、
複雑怪奇と化して、誰が敵やら味方やら、怪人の存在意義は
仮面ライダーの武器披露だけかと思う作品が続くなかで(言いすぎ)、
メインの人間側は「鬼」をサポートする善人ばかりというのは、
見ていて気持ちがよかった。(まあ、魔化魍もメインの物語に、あまり絡まないけど)

これが『クウガ』『アギト』のすぐ後に始まっていたら、退屈の一言で済ませていたかもしれないので、
一連のギスギスした『ライダー』群あっての『響鬼』なんだけど、
こののんびりとした「癒し系」ともいえる作風は、日曜の朝にマッチしていると思う

プロデューサー交代と共に、脚本家も『響鬼』をこれまで書いてなかった人物が手がけるようになった。

『ジェットマン』とか『シャンゼリオン』、ライダーでは『アギト』『ファイズ』など、
独特なキャラクターを書かせたら面白いものをやってくれる脚本家だ。

『アギト』で翔一くんを書いていたので、ヒビキさんや明日夢のキャラクターは、それほど心配していない。
でも、このヒトは『ファイズ』の草加や『シャンゼリオン』の涼村暁に代表されるような、
はっきりとしたキャラクターを得意とする人で、
今回も京介というコンプレックスの塊のようなキャラクターを連れてきてしまった。

作品も半年を過ぎ、山場を迎えて動き出さなければならない時期であるから、
結果的に京介がその役割を担った形になったわけだけれど、
彼はどうも『響鬼』世界には似つかわしくない気がしてならない。

ウチの長女も「あのヒト、嫌い」の一言で評していたよ。

件の脚本家は、どうも歪んだ人物は歪んだままで終わらせる傾向が
あるような気がするので、心配だ。

『響鬼』の世界では、大人の背中を見て、少年が成長してゆく物語だと思うので、
京介も正しい方向へ成長していって欲しいものだ。

一連の騒動の中で、引き継いだプロデューサーが自身のブログで「暴言」を吐いたという
情報があった。
その書き込み曰く、『響鬼』を「病気の子供」扱いして「それを他人から預かった」「手術をしなければならない」
などと書いて、言外に今までの『響鬼』を否定しているという。

気になったので、検索して探してみた

転載禁止とあるので、比べられないが、先の書き込みは悪意の解釈ではないかと思える。

「確かに他人の子を引き受けることになった」とはかかれているが、
「実の子以上に責任を持って育てる」とも書かれている。
「重体で運び込まれてきた」「手術が必要」とも書かれているが、
「夢のある子なので、その夢をかなえてやりたい」とも書いてある。(引用は、いいですよね?)

つまり作品のテーマを全うさせるために、外的な要因で死んでしまいそうな(たとえば打ち切りになりそうな)
番組を立ち直らせたい、とも受け取れる文章
だと思った。

この書き込みの中でひとつ気になったのは「棄てられた子」という表現。

前のプロデューサーは失意のうちに降ろされたのではなく、逃げ出したのだと取れる表現だと思う。

こういう書き込みは、同ブログ内の「反ブログ」で論ぜられていることに、自ら背いているようにも見える。
たぶんギリギリ、これ以上の書き方はできなかったのだろうけれど、ちょっと波紋を残す書き方だったように感じた。

この書き込みで、オイラは一応は安心して、今後も『響鬼』を見てゆこうとは思えた。

でも、大人にはなりきれないので、要所要所で「交代劇がなければ、こういう展開になっただろうか」と
疑いながら見てしまうことは、さけられないだろうなと思う。

最終回も純粋に楽しめないかもしれないと思うと、残念だ。

| | Comments (20) | TrackBack (3)

« August 28, 2005 - September 3, 2005 | Main | October 2, 2005 - October 8, 2005 »