« November 27, 2005 - December 3, 2005 | Main | December 18, 2005 - December 24, 2005 »

December 15, 2005

X-box360のマークって、球体が追加されたせいか、ますます傷口が開いているように見える

ついでだから、X-box360ソフトの方のレビューも書いておこうかと思う。

本体と一緒に購入したのはふたつ。

ひとつは『リッジレーサー6』。

本体立ち上げ時に『リッジ』を出すと言うのは
プレステをなぞっている印象があるが、
つまりは、そちらのユーザーを引き込もうと言う戦略なのだろう。

基本は初代から変わらず、内容的にはPSPの『リッジレーサーズ』
踏まえたものになっている。

コースの選択が、チャート式になっていて、その順番に勝ち抜いてゆく。
今回面白いのは、チャートマップのところどころに「?」がマークされていて、
これを囲むようにレースを攻略すると、新車を入手できる仕組みになっている。

最大14人で行われるオンライン対戦も、けっこう手軽に出来る。
しかも世界中で繋がっていたりする。
オイラは一度も勝てないわけだけど・・・(汗)

対戦だけでなく、タイムアタックもネットでランキングされる。
他のプレイヤーのランクを確認する際に、そのレースデータを
閲覧することが出来るのも面白い。

リプレイデータをネット上で公開できるというのも、
上級者には楽しいかもしれない。

さらに、そのデータをダウンロードして、タイムアタック時の
ゴーストカーとして使うことが出来る。
こちらは、練習熱心な上級者候補に重宝するかもしれない。

このゲームの場合の「実績」は、レース中に360度ターンを決めたり、
ネット対戦をするだけでポイントが付くものから、
走行距離や勝利数、特定のレースに勝つなど多彩な目標が掲げられている。


もうひとつ『エブリパーティ』という、すごろくゲームを買った。

やはりネットに繋がるのだから、それっぽいものをと考えて、
これを買ってみた。

ゲーム自体はかなりシンプルで、ルーレットを回して、出た目だけ
マスを進んで「あがり」を目指すだけ。
特長としては、ルーレットに種類があるということ

基本は1から6までが均等に割り振られたルーレットだが、
このほかに各プレイヤーは特殊なルーレットを使うことが出来る。
スタート時にランダムにひとつづつもらえて、さらにコマの指示によって
とることが出来る。

ルーレットは、「1,3,5,7」が出る「きすう」とか、「1」が出やすいものとか
「10」や「12」などの大きな数字が出るものなど、バラエティに富んでいる。

また、一度使ったら無くなるルーレットまであって、戦略性も高い。
このルーレットを各プレイヤーは5個までストックできる。

プレイヤーが止まるコマは「ルーレット」「コイン」「ちからっ子」を
貰ったり捨てたり、譲ったりという指示がある。
形や色で見分けられる。

「コイン」はゲーム以外のところで「アイテム」を買うためにある。
マップのルールによっては「コイン」を一定以上集めないと
「あがり」に止まっても勝てない物もある。

この「アイテム」だが、ふつうゲームを進めてゆくために
有利にするための物を想像するが、『エブリパーティ』では、
マイキャラに装備させて「ヘンなキャラ」にするためだけに存在する。

今のところそれ以外に役に立つところを見た事がない(笑)

「ちからっ子」というのは、マップのコマに配置するお邪魔キャラだ。
配置したプレイヤーがそこへ止まっても、「アイテム」をくれて
消えちゃうだけだが、他のプレイヤーが止まると、
「コイン」や「ルーレット」などを横取りされたり、
一回休みにされたり、別のコマに飛ばされたりする。

ここが戦略のキモになるのだが、全体的にまったりとした空気が
漂うものになっている。

その他には、この手のボードゲームによくある「ミニゲーム」が用意されている。
ワンボタンで遊べるものから、けっこう複雑でテクニックを要するものまで、
多種多様だ。
『人生ゲーム』シリーズや『マリオパーティ』シリーズなどのようなものだろう。

コントローラを二つ以上使って、仲間内や家族でやるのも面白いと思うが、
オイラのように友達がいないヤツは、ネット対戦が面白い。
実はあんまり期待してなかったんだけど、ボイスチャットをしながら
ネットで遊ぶのが、かなり面白いのだ。

「コイン」や「ルーレット」を取ったり取られたりするので、
逆に、ヘッドセットを付け忘れて、無言でプレイすると、
殺伐とした印象すら受けてしまう。

しかも自分だけ無言で、他の人たちがしゃべってると、
とてつもなく嫌なやつになった気さえする(笑)

やっぱり「申し訳ないけど、いただきます」などと断りながら
遊ぶのがよいみたいだし、それが楽しい。

しかし、的確な宣伝がされていないせいか、全体的なプレイ人数が
少ないようだ。

対戦相手を探しても見つからないことが多いし、
主催して参加待ちをしていても、中々4人集まらない。

待ち合わせの掲示板などが、ゲーム内に設定されていないみたいだけど、
友達同士で待ち合わせしてやらないと
待っている間がかなり無駄な時間になってしまう。

待ち時間にミニゲームの練習とかできればよかったのに。

そのほかに、発売記念パックには『FFXI』のβ版がオマケに付いていた。
実は『FFXI』は、プレステ2でやっていたのだが、
キーボードが使いづらくて、チャットのコミュニケーションが苦手になってしまい、
パーティを組むことをしないままやめてしまった。

最初は独りで遊んでいても、面白かったし、ピンチの時にしろ魔法で
援助してもらったりしたのが感動的だったりして、
自HPの「ゲーム感想文」ページで感想日記をやろうと思ってたんだけど、
かなり中途半端で挫折してしまった。
一度成り行きでパーティを組んだんだけど、その話も書かないままだったなあ。

だから、これは開けないつもりだったんだけど、
『プレイオンライン』のブラウザはインストールしといてもいいかな
と思ったので、いじってみた。
『プレイオンライン』インストールして、設定は、プレステ2で取得した
IDがちゃんと使えたので、今まで放っておいたお知らせメールを受信。

『FFXI』をやり始めたとき、依頼されてフレンド登録した人はまだ
退会していなかったみたいだ。
プロフィール見ると、レベル50行ってる。
ちゃんと楽しんでいるようだ。
この人とは時間帯が合わないらしく、この時もオフラインだった。

勢いで『FF』の方もインストールしてしまった。
タダだからいいかと思ったんだけど、X-box360版でも
インストールに1時間かかった。

X-box360は着脱式のHDDが付いている。
雑誌などで確認すると、容量は20Gだという。

でも、買ってきて最初に見たら「残り11G」って表示されていた。

最初から『XboxLive』のためにアイコンや壁紙などが用意されていて、
さらに最初からずいぶんと音楽ソフトまで入っていた。
ヨコモジで書かれていたので、よくわからないし、聞いてもいないので、
メジャーなものなのかオリジナルなのかは知らないけど、
かなりの曲数だった。

他にも、ビデオ映像がいくつか入っていた。
短くても5分以上の映像だ。

それから、有料でダウンロードして遊ぶゲームがあるんだけど、
そのサンプルとしてひとつゲームが入っていた。

それらもろもろで、すでに9Gもの容量を食っているらしい。

そこへ『プレイオンライン』『FFXI』を入れたら、残り容量が
7Gになった。
これから色々なオンラインゲームが出ると思うけど、
こんなに容量を食うなら、安心してインストールできないなと思った。

それから、プレステ2だと、インストールした『プレイオンライン』
『FFXI』は、その後ソフトを入れなくても遊べたんだけど、
X-box360では出来ないのか?

| | Comments (9) | TrackBack (0)

December 12, 2005

今度のX-boxは実績を積む事ができるか?

SGRProSku
もう一回、X-box360の話題。

実績」の話を広げてみようと思う。

これ、ゲームを作る方は余計な作業で、
たまったものじゃないと思うけど、
遊ぶ方は、ちょうどいいガイドラインなんじゃ
ないだろうか。
「遊ばされている」という感覚も否定できないので、
反発を覚える人もいるかもしれないけど。

実績」ってのはどういうものかというと、
ゲーム内の特定の条件をクリアすると、
ポイントが加算されていくというもの。

アクションゲームやシューティングなら、5面クリアしたら何ポイントとか、
特定のボスキャラを倒したらポイント獲得といった具合。
レーシングゲームだと、走行距離や優勝回数でポイントがもらえる。

オンラインにつなげると、この実績がX-boxのサーバーにアップされるらしい。
ポイントによる総合ランキングは無いみたいだけど、
対戦したプレイヤーの実績は、閲覧することが出来る

過去に対戦したプレイヤーの一覧から、特定のプレイヤーを選ぶと、
プロフィールを見られる。
国やコメント、オンライン・オフラインの状態、
現在どのゲームをしているかがわかる。
実績ポイントは、そのプレイヤーが遊んだ、全ゲームの総合が
表示されている。

その画面から、友達登録やメールの送信なども出来るが、
さらにプレイヤーの実績の詳細を見ることも出来る。

その人がどんなゲームで遊んだかもわかるので、
ちょっと恥ずかしいと思う人もあるかも知れない。

ゲームの実績クリアの詳細を、自分のものと比べられるのが
ちょっと面白い。
ゲームやりこみ派の人は、ちょっとした自己満足に浸れるかもしれない(笑)

ゲームによっては、オンラインではなく、コントローラ二つでの対戦でしか
得られないポイントもあるので、オイラみたいなヤツは
「こいつリアルでの友達、いないでやんの」とか笑われるのかもしれない。

プレイヤーの評価をつけることも出来るんだけど、これはどうだろう。
最初はみんな☆3つで、5つまで(だったかな?)
上がるようになってるのだけど、マナーがいいのは基本だからねえ。

よほど悪い印象の人には、マイナスポイントを付けるかもしれないけど、
プラスは「友達」になってからじゃないと、付けづらいな。

雑誌などを見ると、実績ポイントは、対戦相手を選ぶ目安にもなっているらしい。
通信対戦は、相手を任意で選ぶこともできるけれど、
ランダムに自動選別してくれるモードもある。
そのゲームでポイントが高いということは、上級者ということで、
同じようなポイントの相手と繋がりやすくなるらしい。
強すぎる人や、弱すぎる人と当たりづらくなるという配慮だろう。

でも、この実績は基本的にクリアできないだろうから、
ブランクを作ってからしばらくぶりに対戦したりしたら、
全然勝てなくなっちゃいそうだなあ
(ハードディスクから、一度消しちゃえばいいのかな?)

ところで、この実績ポイントだけど、今のところプレイヤーのやり込み度を
計るためにしか存在していないみたいだね。
なにか景品がもらえたり、ゴールドメンバーシップの
無料期間がもらえたりしたら、たくさん遊ぶんだけどな。

| | Comments (4) | TrackBack (3)

December 11, 2005

X-boxジャンプだ!

boxxbox360prosystem
X-box360を購入した。

前機のX-boxは、初期不良でディスクにキズがつくという
欠陥があったりして、それが気になったのもあって、
ほとんど遊ばなかった。

取り替えればすむことだったんだけど、大きくて重いから、
店まで持って行ったりとか、したくなかったし、
専用ゲームソフトの、データが入ってない部分だけが
傷つく場所と言うことなので、放っておいた。

プレステ2ゲームキューブのコントローラが、ワイヤレスになる中で、
X-boxだけが、ごっいケーブルで繋がったコントローラのまんまだったのが、
遊びづらい直接の原因だったと思う。

結局このゲーム機のソフトで、最後まで遊んだものがなくて、
HPで感想を書くことはなかったなあ。

で、X-box360
なんで“360”なんだかよくわからないけど、なかなか良く出来ている。
同時発売のソフトで「これは」というものがなかったのは、
幸先を考えるとちょっと残念なことだけど、コントローラがワイヤレスで、
しかも持ちやすくなったのがよい。

ボタン配置も、独自性をすてて、扱いやすいものになっているのが
好感持てる。
前の黒白ボタンの押しづらさを思えば、プレステっぽくなった今回の方が
ずっといい。

しかも、コントローラに「スイッチ」が付いている
これを押すと、本体の電源も入るし、同様に切ることも出来る。
これは便利だ。ソフトの入れ替え以外で、本体に近づくことが無くなる。
ただ、これなら本体のスイッチは、誤作動を避けるために
小さくても良かったかも知れない。

通信を使ったコミュニケーションを重視しているのも、よいかもしれない。

ゲーマータグというIDを取得して、X-box360で遊んだゲームの実績が
閲覧できてしまうと言うのは、面白いのではないかと思う。

対応するゲームは自動的に登録されてしまうので、
オイラのようにあまりやりこまないプレイヤーとしては、
かなり恥ずかしいところではあるが。

でもこれって、常にネットにつながっている環境が望まれるので、
そのあたりでいきなりハードルが用意されているようなものかも知れないな。

そうだ。梱包を解いた時にひとつ気に入らないことがあった。
ディスクトレイに、飛び出しを防止するためだろうけど、
透明なセロテープが貼ってあった。
オイラはこれに気づかず、画面操作でイジェクトして、
トレイが開かなかったので、早速故障か、
画面操作が無効になってるトラブルかと思った。

本体のイジェクトボタンを押しに行って、テープに気づいたんだけど、
これ、粘着度高いよ。
はがしたらトレイの部分とイジェクトボタンに糊が残ったぞ。
べたべたして気持ち悪い
消しゴムで掃除したけど、時間がかかったよ。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« November 27, 2005 - December 3, 2005 | Main | December 18, 2005 - December 24, 2005 »