« December 11, 2005 - December 17, 2005 | Main | January 1, 2006 - January 7, 2006 »

December 21, 2005

まだ年が明けてないのに、「今年」とか書くのもおかしな話だけど

年賀状書きが完了した。
オイラは年賀状を書く方だ。

小学生くらいの頃から書いている。
義理堅いとかそういう理由ではない。

中学、高校の頃に気づいたのだが、オイラに来る
年賀状は、大半が「返事」だった。
年賀状に消印が付いているのだ。

聞くと、みんな年賀状が来てから書くらしい。
オイラの友人は、そんなヤツばかりだったから、
自然とこちらが先に出すようになった。

弟がいるので、なんとなく年賀状が少ないのが悔しかったから(笑)

高校も卒業したあたりで気づいたんだけど、
その頃って「正月の楽しみ」って言ったら、年賀状を見ることしか無くなってた。

子供の頃なら「お年玉」「コマ回し」「凧揚げ」などいろいろとあった。
オイラは子供の頃からインドア派だったので、「すごろく」とか
福笑い」などもやりたかったんだけど、
なぜか友達はアウトドアな奴らばかりで、外の遊びが多かった。

今は、テレビゲームで、全国の知らない人と遊べるのだから、
すごい時代になったものだ。
30年前にこんなのがあったら、オイラ、間違いなく引きこもりになってたね。
(そんなことになったら、ためらい無くテレビを捨てる両親ですが/笑)

お年玉ももらえない年になって、凧やコマでも遊ばなくなれば、
あと正月のイベントと言えば、「初詣」と「年賀状」くらいではないか。
人ごみがキライなオイラは、「初詣」は即却下。
「年賀状」が残るわけだけど、これもこっちから出さないと、
もらえる保証が無い(苦笑)

そんなわけで、この時期は年賀状書きに追われる。

最近は便利になったもので、パソコンで簡単に作れてしまう。

昔は一枚一枚手で書いたので、ほとんど28日くらいにやっと完成して
あわてて出しに行ったりしたものだ。

手で描くと、なんとなく同じ絵を描きたくなくて、全部違うのを
描いてみたりと、余計な手間をかけたものだ。

後半になると色も塗らなくなったりして(笑)

就職してからは、ドサクサにまぎれてコピー機を拝借した。
これで全部絵柄は同じになったけど、色を塗るのが大変だった。

面倒になって、スクリーントーンを使って、白黒で出すようになったなあ(笑)

ワープロを使うようになってから、宛名書きが楽になったよ。

パソコンを使うようになってからも、手描きの絵を入れるようにしている。
スキャナで取り込んで、着色してレイアウトする。

あんまりセンスは無いけど、作業が面白い。

実は、この作業のおかげで、年賀状を数種類
分けることが出来るようになった。

自分の友人向け、ヨメさんの友人向け、親戚向け、会社の人向け
と言った具合だ。
最近では、娘どもの友達向けと言うのもある。

普段あまり会わない友人に、家族写真付きの年賀状を送っても
あまり喜ばれないだろうし、会社の付き合い関係にも
同様だと思う。
でも、親戚やウチと同じように結婚して子供がある友達には、
家族や子供の写真をつけても不自然じゃない。
さらに、会社関係の人に、オイラのラクガキを添えて出すのも、
ちょっと違う気がする。
もうすこし気取った絵柄にするか、ソフトに入っているイラストを使う。

そういえば、オイラのイラストと、娘らの写真をレイアウトして作った
年賀状を、長女に見せて喜んでもらったことがあった。
でも友達から貰った年賀状は、専用ソフトか、業者に頼んだものが多くて、
『ファインディング・ニモ』とか『ディズニー・プリンセス』などの
絵柄がほとんどだった。
それを見た長女は、自分が出したしょぼい絵に気づいてしまって、
落ち込んでいた。

次の年から、ちょっと違法ながら、娘らの持っているグッズからスキャンしたり、
ウェブからくすねた画像や壁紙を使って、レイアウトすることにしている。

娘の友達のところに関係者がいないことを、祈るばかりだ(汗)

| | Comments (11) | TrackBack (1)

« December 11, 2005 - December 17, 2005 | Main | January 1, 2006 - January 7, 2006 »