« December 18, 2005 - December 24, 2005 | Main | February 19, 2006 - February 25, 2006 »

January 07, 2006

江川さん、『仮面ライダーTHE FIRST』キライ?

特撮エース」誌を書店で見つけた。
江川達也氏によるコミカライズ版『仮面ライダーTHE FIRST』の連載が始まった。

特撮エース」という雑誌は、同じ角川書店の特撮雑誌「特撮ニュータイプ」と
交互に出るために、隔月刊という体裁である。

仮面ライダーTHE FIRST』は、まず連載開始の予告が前々号に出された。
しかし、前号ではなぜか「予告マンガ」が掲載されるに留まった。

この「予告マンガ」、往年の石森章太郎(あえて“ノ”を取っている)氏の、
直接ペン入れをしたようなタッチを意識して描かれているのかと思ったら、
どうもそうではなかったようだ。

今号の『仮面ライダーTHE FIRST』はひどかった。
まず気になったのが「大ゴマ」。
大きなコマの割りに、ほとんどバストショットで台詞のみの展開。

突然場面が転換するのだけど、背景がないから、映画を見た人にしか
わからないんじゃないんじゃないだろうか。

アクションシーンも背景がないし、流線すら無かったりするので、
迫力の方も伝わってこなかった

コンピュータでトラックなどが貼り付けられているのを見る限り、
アシスタントを一切使っていないのでは無いかと思う。

「週刊少年ジャンプ」の某作品みたいな感じだ。

しかし、“隔月刊”で、しかも第一話で、これはどういうことなんだろう?

仮面ライダー』が描けるということで引き受けたけど、スケジュールオーバーで
アシスタントが使えない状況だったんだろうか?

しかし、映画のダイジェストのような作品内容からは、
アシスタント無しでも描きたいという思い入れは感じられなかった。

なにか打ち合わせの段階で齟齬でもあったんだろうか、等と邪推してしまう。

もしかして引き受けた後に映画を見たら、気に入らなかったとかだったりして(笑)

オイラは大いに楽しんだ映画だったけど、ネットを見ると批判意見が結構多い。
江川氏もそういった方々に意見を同じくしてしまったのだろうか。

それなら、気に入らないところを補完する形でマンガにしちゃえばよさそうだけど、
映画に忠実に描いてくださいとか言われてキレちゃったのかなあ(笑)

とにかくこのマンガは、江川氏のテイストも感じられないし、映画の面白さも伝わってこない。
と言うよりもやる気さえ伝わってこないのだが、逆を言えば、
「やる気の無さ」しっかりと伝わってくると言うことで、それも江川氏の力量なのだろうか


あと「特撮エース」の連載作品で、『ウルトラマンマックス』が、
テレビ版とは違って、どちらかと言うと『ネクサス』テイストなトーンなのが気になる。

| | Comments (4122) | TrackBack (0)

« December 18, 2005 - December 24, 2005 | Main | February 19, 2006 - February 25, 2006 »