« August 6, 2006 - August 12, 2006 | Main | September 10, 2006 - September 16, 2006 »

September 03, 2006

昔馴染みの店が閉店した

川崎駅前・・・と言うにはけっこう駅から離れていて、
国道15号線に近いといったほうがいい。
そういった場所に、平和通りという通りがある。
沖縄の「平和通り」は観光地として有名だが、
こちらは地味ににぎわっている商店街という雰囲気だ。

昔は『川崎国際』という、名画座系の映画館があった。
『ゴジラ』や『ガメラ』をオールナイトで一挙上映したりと、
マニアックなリバイバルをする映画館だった。
たまにミスタウン(現チネチッタ)であぶれたアニメ映画を
やってくれることもあった。

その通りにもうひとつ、行きつけていた店があった。
『サントイス』というおもちゃ屋である。
ここは、面白いことにおもちゃだけでなく、家電品や
生活雑貨なども取り扱っていた。
ちょっとした量販店という感じだ。

中学生の頃は、ここで何度か『ゲーム&ウォッチ』を買った。
その後は特に通うようなことは無かったが、
高校三年のころ、『ファミリーコンピュータ』が発売された。
卒業してからになるが、サントイスでファミコンを買った
ここではファミコンソフトが3,800円くらいで買えたと思う。
確か定価が4,500円ほどの頃だった。
オイラが買い始めた頃は、『ベースボール』とか
ドンキーコング』とかくらいしかなかったところに、
ギャラクシアン』が出て、さらにしばくして
ゼビウス』が発売されることで、「ファミコンブーム」の
基礎が出来上がった時代だ。

毎週ソフトが発売されるので、自然に毎週水曜
サントイスに通うようになった。

サントイスは、ゲームソフトを買うついでに、生活雑貨が買えたので、
けっこう便利だった。

そうやって2~3年も通っていれば、すっかり常連になってしまって、
しかもゲームしか買わない20歳前後の兄ちゃんだから、
店員さんも印象に残っていたのだろう。
さらに言えば、オイラはいつも、ほぼ同じ格好をしていたんだよね(笑)
冬なんて、ジャンパーは壊れるまで同じものを着続けていたし。

セガのマークIII機を、たぶん『北斗の拳』か『スケバン刑事』をやりたくて
買ったときに、おばあさん店員に話しかけられて、
二、三話したのがきっかけで、何人かの店員さんと親しく会話するようになった。

PCエンジン』やら『メガドライブ』やらを買うようになった頃には、
「今度出るソフトだけど、売れるかな?」とか、
店長の奥さんに聞かれたりするようになっていた
知ったかぶりして、雑誌の受け売りを語ったりしたけど、
へたをするとサントイスの売り上げ推移に、多大な打撃
与えていたかもしれない(笑)

しかし、『プレイステーション』前後のあたりから、小売状況が
かわってきたらしい。

家電を扱っていたくらいだから、当然扱うと思っていた
『3DO』は売り出さなかった。
これに関しては、結果的には良かったわけだが、
オイラ的には「ゲームを買うならサントイス」という図式が
壊れてきた頃だった。

プレステ』『サターン』は扱っていたが、通勤に京急を使っている
オイラは、駅前にヨドバシができてからは、あまり顔を出さなくなった。

そうこうするうちに、サントイスは家電とおもちゃをやめて、
生活用品だけでやっていくことになってしまった。

オイラが結婚して1~2年後くらいのことだから、まだ20世紀のころだね。
それでも8年くらいやっていたわけだが、生活用品なら、
近所の百円均一で買ったりするので、まったく足が遠のいてしまった。

親しくさせてもらっていたので、『ドラクエ』や『FF』は並ばずに買わせていただいていたし、
本当にお世話になっていた。
まだゲームを扱ってたいら、『DSライト』や『どうぶつの森』など、入手困難だったものも、
比較的早く入手して、子供に感心されていたかもしれない(笑)

いつの間にか2階へ上がれなくなってしまったりしていたようで、
細々という言葉を当てはめたくなる状況だったのだが、
先日、8月28日に遂に閉店してしまった。

事前に情報を貰っていたので、閉店前に一度くらい顔を出してみようかと
思っていたのだが、時間がとれず、結局いけなかったのが残念だ。

| | Comments (37) | TrackBack (0)

« August 6, 2006 - August 12, 2006 | Main | September 10, 2006 - September 16, 2006 »