« November 5, 2006 - November 11, 2006 | Main | November 26, 2006 - December 2, 2006 »

November 21, 2006

『ZeRoNの火蓋』2巻の感想をやるっていって、ずいぶん経っちゃった(汗)

なんか、聞くところによるとこのタイトルにある『ZeRoN』と言う表記は、
神宮寺氏の発案ではなく、編集部の判断で大文字と小文字が交互に
なっている
のだそうだ。

その辺の事情を知っている『ネクトンの海』サイトの
ZERONの火燵(こたつ)』ページでは、
主に「ZERON」という表記を使っているとのこと。

ただ、神宮寺氏がその表記に物語の仕掛けを入れているのかどうか、
オイラには判然としないので、とりあえず
編集部の用意したタイトル表記『ZeRoN』をここでは使うようにする。
この表記で検索してくれている人もいるみたいだし。

とは言っても、文章中ではほとんど「ゼロン」って書くんだけど(笑)

前回の感想で、ゼロンが着けているアームは、ゼロンタイプの
パーツなのではないかと書いたけれど、
2巻での回想シーンで、かなり大きさが違うことが確認できたね。

これはあれかな?ゼロンが見よう見まねで、自分で作ったのかな?
子供って右と左の概念が、鏡を見るように逆になったりするので、
左のアームを右につけちゃったとか・・・って、あれ?

2巻のこのシーンを見ると、両腕が同じアームになってるね?
換装が可能なのかな?それとも変形するのか?

もしかしてオイラ、謎でもなんでもないもの
「謎だ謎だ」って言ってるかも知れない(汗)

謎と言えば、2巻では「謎のキャラクター」が登場する。
「初期デザイン紹介ページ」では、“ライバルキャラ”なんて
書かれているけれど、この時点では敵対しているけれど
「ライバル」かどうかはわからない。

どうも、ゼロンの力を試しているっぽいけれど、
そのやり口は卑劣で、味方とは到底思えないけれどね。

2巻の後半では、この謎キャラとの戦いを通じて、
「試練編」とも言うべき展開になっている。

仲間を守るための力であるはずが、怒りで我を忘れたとき、
無差別な破壊へと姿を変える。

1巻からまたがる、2巻冒頭のエピソードで、
ゼロンの使う「能力」は、ゼロンタイプが擁する
「索敵」、「かく乱」という“戦うための機能”であると語られる。

しかしゼロンを育てた「ゼロンタイプ」は、この機能を、
命を生かすために使いたいと、幼いゼロンに話す。

物事に潜む二面性。
使うもの、受け取るもの、それぞれの気持ちしだいで、
悪にも善にもなるというのは、この作品のメインテーマなのかもしれない。

機械だけでなく、人の心も悪にも善にもなる

そういうテーマがあるとしたら、卑劣で残忍に写る謎の青年の行動も、
実は正義を行おうとする結果と言う展開もあったりするのだろうか。

難波がゼロンタイプを見つけて、どうするつもりなのかも判明しないが、
このあたりにもそういうテーマを投影したりすると、
ちょっとダークな物語になっちゃいそうな予感がしてしまう。

あかりとケン太の存在が、物語を正しい方向へ導いてくれる
になるのかもしれない。

| | Comments (34) | TrackBack (0)

November 19, 2006

たぶん、お店の戦略か何かだと思うけど、素直に「ラッキー」って感じておいた方がいいかな。

金曜日に『プレイステーション3』を入手することができた。
先週入手失敗してから、悔しく思いながらも、積極的に探すことはしていなかった。
と、言うのも、長女と同じ学校に次女も通わせようと言うことで、今、再び
「お受験」準備が開始されていて、オイラも会社から帰宅したら、
手伝うことになっているから、あまり遅くまで探し回れないのである。

探し回るなら、週末だろうと考えていた。
ただ、しばらくは「完売」「再入荷の予定はありません」などの張り紙を確認する
作業が続くだろうと思っていた。

平日の空き時間には、ネットの通販サイトなどに無いか探したりもした。
オークションサイトで高値で売っていたりしたのは見たが、
待っていれば「定価」で買えるものを、こんな高値で買う人が居るということに驚いた。

やりもしないでいきなり売るような、こういう連中が居るから、
オイラのようなのが買えないんじゃないかと、中途半端な怒りもおぼえた

ツタヤのサイトでは、通販はされていなかったが、在庫店検索と言うところが
クリックできるようになっていた。
これは、たぶん「マイページ」で登録している支店に、在庫があるかどうか
チェックできるようになっているのだと思う。
検索したら、登録している最寄の店が出てきたので、そう思うのだが・・・。
曜に検索したら、「在庫あります」と書いてあった。
但し書きには「この情報は、最新のものではありませんので、問い合わせが必要」云々と
書いてあったので、電話して確認を取ったが、売り切れとのことだった。

帰り際18時ごろに、もういちど検索してみたら、まだ「在庫あり」の表示だった。
「最新で無い」にもほどがあると思ったが、もしかしたら店頭で聞いたら
売ってくれるのかもしれないと思い、寄ってみた。

レジで聞いたがやはり「無い」とのこと。
悔しいので、この日開始された『Wii』の予約をしてきた。

それから金曜まで、探すことをしていなかった。
ぶどうが採れなかったから「あれはすっぱいに違いない」と言い訳をしていたキツネの童話のように、
『リッジレーサー」は『Xbox360』で遊んで、ネット対戦も堪能したし、
第一、プレステ3版はボイスチャットしながらの対戦はできないじゃないか とか
思いながらすごしていた(笑)

金曜の19時ごろ、川崎駅前のヨドバシカメラに寄った。
ゲームコーナーに入ってまず目に入ったのが
「『プレステ3』は完売しました。次回入荷の予定は決まっていません」の
張り紙だった。
仕方ないので、DSのソフトでも買おうかとうろうろしていたら、レジの方で
10分ほど前に緊急入荷しました。『プレステ3』販売します」の声がした。

あわてて並んで買ったよ。
「ラッキィラッキィラッキー♪」てな気分で帰宅。

先ほども言ったように、少々子供らの勉強を手伝って、みなが寝静まってから、
ゲーム用のラックをひっくり返して配置換えしたり、埃をはらったりして、
『プレステ3』の設置をした。

基本はワイアレスのコントローラだが、最初に充電の必要があるので、USBで繋げる事になる。

説明書によると、USB接続時にコントローラと本体のペアリングをして、混線などを
防ぐようにしているらしい。

普段は無線なので問題無いと思うが、USBケーブルの長さが微妙な長さで、
ウチの場合は、ラックからソファまで届かなかった。

充電に必要な時間が2時間半だということなので、充電しながら遊ぶときのことを考えると、
延長コードを用意しておく必要があるかもしれない。

同時に買ったソフトは、『リッジレーサー7』。
それだけのつもりだったのだが、思わぬ僥倖で本体入手にありつけて、舞い上がってしまい、
ガンダム ターゲットインサイト』も買ってしまった。
この手の格闘型アクションゲームは苦手で、これも興味はあったが敬遠しようと思ってたのに。

しかし、コントローラをつなげた後、意外なほどやることが多かった
まず、ユーザーの作成
自分の名前を登録して、次にそのユーザーでネットへログインするための
アカウントを作成する。

のだが、その前にLANを無線で繋げている場合は、その認証からやらなければならない。
パソコンで認証キーの確認をしたりと、意外と忙しい。

アカウント取得の際、メールアドレスが必要になるのだが、これ、サブアカウントを取得するとき、
同じアドレスが使えないのが困る
娘らの名前で新規ユーザーを登録して、アカウント取得しようとしたとき、
オイラのときと同じアドレスを入力したら、エラーが出た。
「そのアドレスは使えません」と言うことは、すでに登録済みのアドレスだからと言うことだろう。
これはアドレスがアカウントIDになっているから、仕方ないのかもしれないが、
小学1年生や幼稚園児に、普通は個人的なアドレスは無いと思う。
最近は小学生でもケータイを持って、ケータイアドレスを持っている場合もあるが、
逆に大人でさえケータイアドレスしか持っていないということもある

LANケーブルでネットに繋げる環境がある時点で、ひとつはプロバイダーのメールアドレスを
持っているだろうけれど、家族全員が持っている可能性って少ないんじゃないだろうか。

しかし、このアドレス入力に際して、ケータイアドレスは「お知らせ」送信の関係で、
推奨していないらしい。
ちょっと、よく調べてないけれど、「推奨しない」だけで、入力してもエラーは出ないのかな?
「お知らせ」はメインのアカウントだけで貰えば済むことだしね。

長女も次女も、『プレステ3』ではあまりゲームをしないだろうと思うので、とりあえず
登録は見送ったが、今度試してみようかな。オイラのケータイアドレスで。

それと、話が前後してしまうが、このアカウント登録に至るまでも、時間がかかったのだった

ネット接続の確認をしたら、「システムバージョンアップが必要です」と出たのだ。

早速促されたので、まずアップデートすることにした。

ウチの無線LANの性能のせいかも知れないけれど、このアップデートが
ことのほか時間がかかった。
アップデート中にほかの事をしていたので、正確な時間を計っていないが、30分以上は
かかったように思う。
画面にバーが出て、現在何%と出るのだが、「後何分」というのは出ないんだね

やっとダウンロードが完了したと思ったら、次はインストール。
これも目安の時間が表示されなかったので、長く感じた。

そのあとにユーザー登録などをしたのだが、それが終わる頃には、コントローラの充電が
完了していたよ(笑)

買ってきたソフトを遊ぶ前にと思って、設定とか、プレイステーションストアなどを見てみた。

ストアには無料の『まいにちいっしょ』があったので、ダウンロードした。
「ビデオ」のカテゴリには、映画(BDソフト)の予告やゲームソフトの予告ムービーなどがあった。
ダウンロードも時間がかかるので、ためしに『AFRICA』のムービーだけ落としてみた。

『まいにちいっしょ』というのは、『どこでもいっしょ』のキャラであるトロとクロが、
ニュースショー(ワイドショー)のまねごとをして、その日の話題や、四方山話を
漫才のように繰り広げるソフトだ。
話題によっては、クイズに答えたり、関連サイトを開いて確認できたりする。

2匹のしぐさや表情が可愛いので、そこそこ楽しめるソフトだ。

毎日のニュースが終わるとルーレットをまわして、トロのおやつをゲットする。

このソフトは今のところ『どこでもいっしょ』のように言葉を教えたり会話したりということは
できない。
こちらからアプローチするのは、「おくりもの」と称してトロにおやつを食べさせてあげることくらい。

そばや肉、ビール・ラーメンなどの食いっぷりを眺めるのも面白いが、じきに飽きそう(笑)

オイラは、ネットのニュースサイトのように、その日の出来事をランダムに読み上げるのだと思っていた。
が、そうではなく、ちゃんとプログラムされた「ワイドショー」形式の寸劇が展開されて
一日一度の楽しみになっている。

いつまで残しておくのか知らないが、バックナンバーも見られるので、最初から見ているうちに、
気づいたら夜中の3時になっていた(笑)

初日はゲームソフトで遊ぶ暇がなかった(汗)

そんなこんなでかなり浮かれ気分で、満足しているのだが、
「緊急入荷」で20Gモデルも60Gモデルも「十分に用意できます」というのは、
できすぎている気がするので、初日のような混乱をさけるために、
入荷日を明確にしないようにして、客足がちょうどよい具合のときを見て
「緊急入荷」と言って売っているのではないかと、邪推してしまった。

いずれにしても、この日オイラはたまたま居合わせたので、ラッキーには違いないのだが。

| | Comments (23) | TrackBack (0)

« November 5, 2006 - November 11, 2006 | Main | November 26, 2006 - December 2, 2006 »