« February 27, 2011 - March 5, 2011 | Main | December 18, 2011 - December 24, 2011 »

June 09, 2011

E3の情報を聞きかじったので、ゲームのことを書こうかと思う。

今年は二つ目のエントリーを書き込むことができたよ(笑)

ゲームイベント『E3』が、今年も開かれて、各メーカーが色々発表していたね。

その中で一応今回が初お披露目なのが、Wiiの後継機『Wii U』だよね。

ゲーム機本体は現行Wiiよりも小さくなってるのかな?

任天堂の常で、互換性を持たせるのはひとつ前の機種のみと言うのを守って、
『Wii U』はゲームキューブとの互換が無いために、GCのコントローラ端子とメモカのスロットの
スペースが要らなくなったということなんだろうね。

しかし、ディスクの大きさは同じままなんだから、クラッシックコントローラや今回の新しいコントローラで
GCソフトも遊べるようにすればよかったのに。

『Wii U』の特徴は、やはり特殊なコントローラだよね。
ipadに影響されたかのような、大きめの携帯ゲーム機のような、真ん中に液晶画面が付いたコントローラ。

本体から無線で映像が送られて、テレビ画面と同じ画像を見ることができて、テレビでゲームが
できないときにもコントローラでゲームを続けることができるらしい。

Wiiの時は、ファミリーで体を動かして遊ぶゲームを提供していたのに、なんだか今度は
ひとりを推奨している感じがする。

このコントローラをそれぞれのプレイヤーが持って遊ぶようになれば、また新しいコミュニケーションも
生まれるのかも知れないけど。

この液晶コントローラは、テレビと同じ画面を映すだけではなく、DSのようにタッチパネルを
つかうコントローラとして、コントロール画面を映し出すこともできるらしい。

他にも色々できて、ついに出たかと思うのが、ゴルフゲームで足元においてボールを表示するとか言うことが
できるようになるらしい。

WiiやPSムーブでゴルフゲームを遊ぶとき、コントローラをクラブに見立てるのは良いとしても、
球の位置に臨場感がなかった。
このためだけの液晶画面を用意するのは、極端な話しかと思っていた。

これまでゲームボーイアドバンスやDSをサブ画面にしてみたり、他の機種では、
メモリーカードに液晶画面をつけてみたりと、サブ画面構想と言うのは歴代ゲーム機でも
ちょくちょく出てきていた。

そういった経験から、思い切ったコントローラが登場したとも言えるが、どういった展開が待っているのだろう。

液晶コントローラは、あくまで家庭用ゲーム機のコントローラであって、持ち出しは考えていないようだけど、
Wifiに対応して、外でも家庭用ゲームを遊べる仕様にしてあっても良かったかもなんて思ったりする。

| | Comments (206) | TrackBack (0)

« February 27, 2011 - March 5, 2011 | Main | December 18, 2011 - December 24, 2011 »