October 05, 2005

『愛のエプロンSP』で、不愉快なものを見た

今回はちょっと自分本位な苦言を書き込むので、見苦しいかと思う

と言うのも、今さっき『愛のエプロン』のスペシャル番組を見た。
まさか3時間もやるとは思わなかったけど。

ずらずらと書き込むので、敬称が略されると思うけれど、ご了承願いたい
(尤も、苦言を呈された方は了承どころではないと思うが・・・)

この番組、深夜にやっていた頃から、時々見ていて、ゲストの豪快で散々な料理が
面白くて、けっこう好きな番組だ。

ゴールデンに移ってからは、料理上手な人もたくさん出てきて、バランスをとっているようだけど。

だから、何度もうなぎを扱っているはずのインリンが、あいも変わらず黒焼きにしていたりしても、
あまり不愉快に思わない。

今日の場合は、メインゲストが細木某というご老人だった。
この人、なにやら占い師で、毒舌が受けてテレビに出ている人のようだ。

しかし、たぶん「毒舌」込みで出演依頼を受けているからだろうけれど、
タイミングも何も考えずに、だらだらと「悪口」を言うだけで、ちっとも面白くなかった。

もっともだとうなずけるような「毒舌」であれば、いっそ気持ちが良かったりするのだろうけれど、
むりやりひねり出したような悪口が主で、ときおりうまくハマった言葉があったくらいで、
「数撃ちゃ当たる」という印象がぬぐいきれず、実に不愉快だった。

この番組のルールは、ちゃんと確認したことは無いけれど、テーマの食材を使って、
作り方を調べられない状態でお題の料理を作るというものだったはず

件のご老人も、一度はそのルールのもとに、ステージに上がりながら、
なんか理屈を付けてお題の料理を作らなかった。

その後1時間も使って、未唯と対決するのだから、番組の演出かもしれないけれど。

しかし、その一騎打ちでは、食材だけ決めて料理は自由と言うルールだった。

これでは、オイラみたいにマイナスイメージを持ってしまった視聴者から見れば、
この老人の得意料理で勝負しているようにしか思えなかった。

加えて、対する未唯は、得意なグラタン以外は、未完成品を出していたりして、
どうにもご老人に勝たせるようになっていたように見えてしまった。

とはいえ、未唯が3品作ると宣言した後に、対抗するように4品作ると言い出して、
見事に全部完成させたのはたいしたものだと思うけれど。

話はそれるけれど、最近「2品、3品」を「にしな、さんしな」と言うことが多い。
これは、数字がアラビア数字だからだと思うけれど、おいらの怪しい記憶だと、
「一品、二品、三品」の場合、「ひとしな、ふたしな、みしな」で、
「1品、2品、3品」の場合は「いっぴん、にひん、さんぴん」だったように思う。

とりわけ「にしな」と「みしな」の聞き分けがややこしいので、どうせ言い方を変えるのなら、
「ふたしな、さんしな」にしてほしいものだと思う。

さて、このご老人。さらに不愉快なことに、未唯の「自信の品」であるグラタンを、
本人から「どうぞ召し上がってみてください」と言われて食べて、
「この程度」という言葉でしか評価していなかった。

言っておいて、他のジャッジゲストが全員ほめているのを思い出したように
「若い人は、いいのかしらね」とか自分の料理もほめている者に対して、
舌が未熟であるようなことを言っていたように感じた。

「自分が挑戦した」相手の力量もほめる事ができないのは、人間的にどうかと思った。

しかし、料理の仕方の薀蓄は、なるほどと思うものがあったし、
このひとは、無理に悪口おばさんなんかしないで、知恵袋おばさん的な
キャラクターでやっても重宝されるのではないかと思った。

今回は、ニガテな魚(うなぎだけど)の料理を担当することになって、散々だった
西村知美さんが出ていなければ、見ることはなかったかもしれないんだけど、
決して「食べてもいないのに西村さんをけなした」から、むやみに怒ったわけではないので
そのへんは、強調しておこうかと思う(笑)

内臓をとってない、ぶつ切りのひつまぶしとかが出てきたら、食べなくても想像はできそうだし・・・

| | Comments (12) | TrackBack (3)

September 02, 2005

本郷猛は、ベルトに風のエネルギーを受けると、仮面ライダーに変身するのだ

『仮面ライダー THE FIRST』の公式ブログが開設されたので、
トラックバックを引くために、書き込みをしようかと思う(笑)

コメントも書かずにトラックバックだけ貼ってきたブログの主様がたには、
この場で非礼をお詫びさせていただきます。

ついでにオイラの本ホームページも覗いてもらったりしたら、
ラッキーなんですが・・・と、余計な宣伝は置いとくとしましょう(汗)

さて、この記事の小見出しにはテレビ版『仮面ライダー』第一作の
ナレーションから引用した一文を使ったのだけれど、
原作をベースにしているという『THE FIRST』では、「変身」というよりも
「装着」になりそう。

『“仮面”ライダー』だからそれでもかまわないんだけれど、「変身」しない
『仮面ライダー』というのも寂しい気がするなあ。

映画などの作品を楽しむにあたって、実は事前情報は少ないほうがいいんだけど、
やっぱり気になったりして、しかも最近はインターネットなんて手軽なものがあるので、
件の公式ブログなども含めて、思わぬ情報を得てしまう。

それによって、興味が薄れたりする場合もあるので、大変だ。
先日もちょっと期待が外れたような、そういうものかなと思うような、
微妙な情報を得てしまった。
ちょっと悔しいので、ここで他の人も巻き込んでやろうと思う(笑)

なんでも、二人の「ライダー」は、自らその名を名乗らないらしいのだ。

どーだ。太字で書いたから、目を背けづらかったでしょ。

なんか、平成ライダーの大半がそうであるように、劇中で「仮面ライダー」という
名称が出てこないらしいという情報を得てしまった。
これには、かなりガッカリさせられた。

原作で、顔に浮かぶ手術跡の傷を隠すために仮面をかぶり、
ショッカーと戦う決意をこめて「俺は仮面ライダーだ!」と叫ぶシーンは、
ヒトならざるものになってしまった悲哀も込められているようで、
印象的なものだったので、映画で再現してほしかったんだけど。

まあ、それはそれで、では劇中彼らはなんと呼ばれるのか、どう名乗るのかとか、
興味をかきたてられたりもするので、それもいいかなと思ったりもする。
(でも、この答えも別のところで見ちゃったんだよね/涙)

上映映画館が少ないなどの問題もあるようで、一時はDVD待ちになりそうだったけれど、
オイラの地元では近所の「チネチッタ」での上映が決まって一安心。

作品のカラーが、本来持つ怪奇色の強いものだったら、無理かもしれないけど、
娘と自転車で見に行けるかも知れない。

| | Comments (8) | TrackBack (3)

July 16, 2005

7人の戦鬼と、人の言う

『仮面ライダー』といえば、『THE FIRST』ばかりではなく、
その前に恒例のテレビ放送中の『ライダー』の映画版が控えている。

このたび映画版『仮面ライダーヒビキと7人の戦鬼』の公式ページがオープンしたようだ。
しかも、最新情報を知らせるためのブログまでオープンしたという。

最近覚えた「トラックバック」や、更新状況のわかるブログリンクなどの技術を、
使うチャンスかもしれないと思ったりする。

某ライダー系掲示板で、ブログに紹介されている記事は聞き知っていた。
これを見ると、映画版には少なからず不安もよぎったりするのだが、
公式ページのストーリー紹介を見ると、面白そうに思えてきた。
いやあ、おじさん、ホッとしたよ(by湯川専務)

ところで、「トラックバック」というのは、自動的に相互リンクされるのだと思っていたけれど、
どうも他人のブログから自分のブログへ、引き込むためにあるような感じなんだね。

「その話題、こっちでも書いてるので見てください」という目的でつけるのがいいのかな?
と思って、最近、いろいろとつけて回ったりしたんだけど、
コメント蘭に一言書くのが礼儀なのかどうか、よくわからないっす。
(いくつか、断りもなく勝手につけてきたりしてます/汗)

| | Comments (3) | TrackBack (2)

July 14, 2005

嵐と共にやってくる

still-i02
昨日気づいたんだけど、『仮面ライダー THE FIRST』の公式ページが更新されてた。
(画像は「INTRODUCTION」より、かっこよかったので勝手に戴いちゃったんだけど、抗議が来たら消します)

ストーリーなどを覗いてみると、どうも以前発表された
「原作を換骨奪胎した」という部分が強すぎないかなという危惧を感じた。

まあ、原作どおりの展開だと、本郷の扱いに納得が行ってなかったので、
変わっていても、個人的にはかまわないんだけど。

なにしろ原作は、一人の少年の病気を治すためだけに、ショッカーの本部(だったっけ?)を
壊滅させる結末で、しかも当初の目的を忘れちゃってたというシロモノだったので。

しかし、一人の女性をめぐって本郷と一文字が対峙するというのは、どうなんだろう。

恋愛要素があったらいかんというのではない。

「改造人間である」という影を背負った本郷たちがの悲しみをや葛藤を描くのに、
恋愛的なものは効果的だと思う。
(さまざまな石森作品で、使い古されているかもしれないけど、
その元祖的な作品に入れない手はないと思う)

しかし、悩みながらも身を引くならともかく、取り合うというのはどうなんだろう?

まあ、どうやら一文字は最初ショッカーライダーとしての作戦で近づくようだし、
本郷はそれから守る立場なようなので、
それほどひどいものにはならないと思うけど。

その女性、緑川ルリ子・・・じゃなくて緑川あすかは、
原作どおり誤解で本郷を恨むらしいんだけど、
その原因がお父さんじゃなくて恋人を殺されたから
というのは、時代的なものなんだろうか。


さて今回は、公開までに期待感がヒートアップしすぎて、
いざ見に行ったら期待以下になっちゃったなんていうことを予防する意味で
否定的な意見を書いてみたけど、
サイクロンやダブルキックの写真を見ちゃうと、やっぱりワクワクしちゃうなあ。

立花藤兵衛がカッコよくなってしまったけど、どんな役回りで登場するのか、楽しみ。
原作どおり執事ということはないと思うけど、テレビ版のような
喫茶店のマスターということもなさそうな気がする。

故・天本英世氏のデジタル出演というのも、気になる。
さらには「死神博士役」ではなく、「ショッカー幹部役」という表記も気になる。

何よりも、地元の映画館で上映してくれるかということが、一番気になる。

| | Comments (3) | TrackBack (2)

June 08, 2005

深夜番組

オイラの日課として、ヨメさんと子供らが寝室に行ったあと、
ゲームを始めると言うのがある。

ヨメさんがゲームをやらないヒトだし、子供らもまだ幼稚園児。
アイトーイプレイ』とか『太鼓の達人』などは一緒に遊ぶけど、
RPGをやるときは、邪魔(笑)

下の娘など、遊び方も分からないのに、やらせろとうるさいし。

で、数時間ほど遊んで、大概の場合は、眠くなったらセーブして
スイッチを切る。

テレビ画面モードを、ゲーム用の外部入力から、通常のテレビチューナーに戻してから、
テレビのスイッチを切るようにしている。
ヨメさんが、この辺の概念を理解しようとしないので、入力を切り替え忘れると、
仕事中に電話が来るので、うっとうしいから。

この切り替えた時にやってる番組が、面白そうだと、
このあと数十分から1時間ほど寝るのが遅くなる。

昨日も、切り替えたらダウンタウンが出てきた。

前にも何度か見ている、一般公募の懸賞に挑戦しようという番組だと思った。
たしか『考えるヒト』とか言ったかな?

と、思ったのもつかの間。
懸賞ではなく、四コマ漫画に挑戦していた。
ダウンタウン松本氏を含めた5人ほどのパネラーが、
4コマ漫画の一コマづつを、フリップに出しあって、
面白いものを選んで、その続きのコマをまた出しあうというもの。
リレー漫画の4コマ版という雰囲気か。

軽く『お笑い漫画道場』っぽいニオイがした。
深夜らしいアングラな雰囲気もあったけど、驚いたのは、
いくつかの漫画雑誌とタイアップして、ここで完成した作品が
載っているということ。

四コマ漫画って、意外と描くのが難しくて、これでプロとしてお金をもらって
生活しようと思ったら、かなり胃が丈夫でなくては勤まらないのではないかと
思うような世界のはずなんだけど、
なんか凄く軽いノリで、15分ほどでひと作品仕上げたりしていた。

番組を見ている時点では、『大喜利』や『漫画道場』を見るノリで、
面白かったりするけど、
番組から離れて、作品だけを見たら、なんだか意味不明な、
つまらない作品だったけど、それでいいのだろうか?

パネラーの一人に、中川翔子氏がいた。
特撮ファンには、『デカレンジャー』のゲスト出演、
アニメファンには『超力ロボガラット』の故・中川勝彦氏の娘さん
としておなじみなのかな?

宇宙船』誌の連載などを見ていると、イラストが見事に同人作家並みで、
なんか凄いのがいるなとは思ってたんだけど、
もう、そっち方面の仕事を中心にやってるんだろうか。

そうそう、番組を最後まで見ていたら、
タイトルが『考えるヒトコマ』に変わってたことに気づいた。

もう、懸賞応募はしないんだろうか。

| | Comments (164) | TrackBack (0)