August 31, 2010

またもや1年以上開いたけど、気にせず近況報告するよ

とうとうテレビを買い換えた。
古いテレビは1997年に、結婚を機に買ったシャープの32v型ブラウン管
当時ハイビジョンテレビは出ていたと思うが、高くて手が出なかった。
この直後くらいに、フラット画面のブラウン管が一般的になったと思う。

ワイド画面のテレビだから、地デジチューナーを買うだけでも、テレビを見る分なら問題はない。
現に昨年から使っているBDレコーダーのチューナーで、地デジ番組を見たりしてた。

近頃は地上波でも、左右を切った画面ではなく、上下を縮めて横長の画面を表示してくれるので、
画面サイズを調整すれば、フルサイズで見ることもできたのだ。

おかげで焦ることなく、地デジテレビを選ぶことができたよ(笑)

焦ることなくとはいえ、プレステ3とXbox360を買ってから悩まされていたのが、
HD対応のゲームの字が小さくてつぶれることがあるということで、
早いところフルハイビジョンのテレビが欲しかったという、オイラの個人的な事情があった。

ヨメさんなんか、暇つぶしにテレビが見られればいい方で、画質など全く気にしてないんだよね。
オイラが見ない番組の録画予約を頼まれたので、EPモードで録画してみたけど、
そのことについて文句を言われたことが無い(汗)

最近、こんな風にヨメさんや子供たちから、頻繁に番組録画を頼まれることが増えてきた。
彼女らの場合、見たら消すという視聴パターンだが、なかなか見る時間が作れず、
レコーダーに入りっぱなしになることが多くなっている。

オイラはオイラで、保存したい番組を、ディスクを購入するまで録り溜めしておくので、
残量が心配になることもあったりした。


そういったことを考慮した結果、選んだテレビは、
東芝の液晶テレビ42Z1

LEDバックライトという最新技術を採用していて、電力削減という点でもありがたいのだが、
新し過ぎのものなので、故障などが心配ではあるよね。

大画面になったので、食卓でご飯を食べている時にも、画面が大きく見えるのがいい。

スイッチ入れてから、画面が見られるまで1,2分くらいかかるのが気になるかな。
かなり昔のテレビのようで、懐かしさも感じるけど(笑)

チャンネルを替えた時にも、ブランクはありますが、思ったよりスムーズに替わっている感じがします。

東芝の液晶テレビの特徴は、外付けのHDDで番組録画ができると言うこと。
まずは娘たちに使い方を説明してあげた。
早速怪談番組をいくつか録って、見たようす。
これはどうやら、データ放送も記録してくれているようなので、将来的にデータが有用な番組があれば、
保存用HDDを用意してもいいかな。

オイラは、普通なら使わないんだろうけれど、2画面機能を多用する。
古いテレビも、この機能で選んだようなものだった。
これがあると、TVゲームのRPGで、レベル上げしながら番組を見たり、
ビデオのダビング編集(前後の余分なCMをカット)しながら、番組を見たりということができた。

新しいテレビにも、2画面機能がある。
しかし古いのと使い勝手が違うので、戸惑うことも・・・。
良い点は、音は残しておきながら、別画面の大きさをいじったりできること。
番組を見ながら、ゲームの文字表示を確認するために、大きくしたりということができる。

使い勝手が悪いと感じるのは、外部入力どうしを同時に表示できないこと。
ビデオを見ながら、レベル上げが出来ない。
古いテレビでは、これをするのが多かったのだが・・・。

トリプルチューナーなので、同じチャンネルを左右に表示するという、無意味なことはできるのだ(笑)
ステレオグラムになって、3Dで見られれば面白いんだけど、どこかのチャンネルでサブチャンネル使ってやってくれないかな。
でかすぎて、像が重ならないか(汗)

ゲームもきれいに映るようになったよ。
今まで文字が良く見えなくて、積みゲーになっていたものにも、手を出せそうかな。
逆に、Wiiのゲームがすこしぼやけて映るような気がする。
D端子を買ってきて繋げたんだけどね。
Wiiの場合は、元々HDMI対応じゃないから、大きな字で見やすいので、問題ないけど。

今でもテレビは結構見る方ですが、それでも一日、3,4時間程度。
昔は、とにかく1日中テレビが点きっぱなしな生活をしていたこともある。
今で言う、ニートなのかな?当時はぷーたろーって言ってたけど。

あのころにこの番組表機能があったら、すごく重宝しただろうなあ。
「視聴予約」と言うやつ
あの頃のオイラなら、一週間くらいの視聴予約して、とにかくテレビ点けっ放しにしていたね。
見たい番組に、次々と切り替わるなんて、夢のようではありませんか(笑)

| | Comments (278) | TrackBack (0)

April 12, 2009

もらえるものならどんどん貰いたいけど、出す方はあんまり出したくない。

ここのところ出費がかさむという話をしていて思い出した。
広告記事を書いて小遣い稼ぎできるサイトに、登録していたんだった。
2年も放って置いちゃ、小遣いにならないよね

久しぶりにメールチェックしてみたら、アンケートに答えるだけで、ポイントがもらえるらしい。

今回のテーマは「定額給付金」。
ココログのトラックバックテーマにもあったので、書いておこうかと思う。

40を越えたくせに、相変わらず政治にうとい身としては、なにやら国がお金をくれるということくらいしか知らないが、
くれるというなら貰いましょう。

聞くところによると、すでに支給された地方もあるらしいけど、神奈川県ではまだみたい。

本来なら国は、一人ひとりに配るのだから一人ひとりが使わなきゃならないんだろうけど、
ウチはまとめて、いやいや家族で持ち寄って、エアコン購入の足しにすることになりそう。

家電クラッシュラッシュがなければ、娘どもはDSiが欲しいって言っていたんだけどね。

プレスブログ321

| | Comments (377) | TrackBack (0)

March 26, 2009

ほったらかし過ぎの自分にびっくり

気付けば2年も書き込んでなかった。
裏・無味感想」の方で「書かないよ宣言」したのが1年ほど前だったので、
こらも同時期から書いてないんだと思っていた。

「裏ムミ」の方だって、書かないといっても時間が空けば何か書く気でいたんだけど、
「毎週書く」というのをいつの間にか、自分に義務付けちゃって、しんどくなっちゃったので、
反動で気が抜けてしまったんだね。

こっちの場合の言い訳としては、『ZeRoN』3巻の感想をほったらかしにしたままだったので、
それを書いてからじゃなきゃ他の事は書けないと思ってたんだよね。

でも、時間がたつほど、単に「面白かった」だけじゃ申し訳なくなってしまって、
なにか気のきいたことを書いてやろうと、色気を出したはいいけど、元来気が利かない男なので、
なにも思い浮かばずに今に至ってしまった。

実際、編集が口出しして結局打ち切りにされてしまったようなものだと聞いたけど、
伏線もうまいこと回収してると思うし、なかなかよい落とし方をしていたと思う。
ただ、いろんな伏線は、もっと膨らませたり絡みつかせたりできそうだったので、
長期連載が見られなかったのは残念に思う。

どさくさにまぎれて感想書いちゃった。

いいわけはこれくらいにして、近況はというと、芳しくないね。
この不況で、いちばんワリ食ってる業界の、端っこの方の会社にいるので、
もう、どううまく「冬眠」できるかっていう状態。

次女が長女とおなじ私立の小学校に通うようになって、学費がかさむのに、
収入は減るばかり。
せっかく環境のいい学校なので、公立に移すのは最後の手段ということにして、
さて一番に削るべきは、オイラの趣味費なんだよね。

こことか、ホームページのアフィリエイトで収入があればいいけど、
今のところそういう兆しは全くないし(笑)

最近はRPGやっても、エンディング見るまで3カ月以上かかるようになったので、
買う方もそういうペースでやれば、なんとかなるかなと思っている。

しかし、そうやって支出を削ろうと思っているところに、家電の故障が相次いでいるんだよ。
・・・という話を、次回やろうと思ってる。

| | Comments (77) | TrackBack (0)

September 03, 2006

昔馴染みの店が閉店した

川崎駅前・・・と言うにはけっこう駅から離れていて、
国道15号線に近いといったほうがいい。
そういった場所に、平和通りという通りがある。
沖縄の「平和通り」は観光地として有名だが、
こちらは地味ににぎわっている商店街という雰囲気だ。

昔は『川崎国際』という、名画座系の映画館があった。
『ゴジラ』や『ガメラ』をオールナイトで一挙上映したりと、
マニアックなリバイバルをする映画館だった。
たまにミスタウン(現チネチッタ)であぶれたアニメ映画を
やってくれることもあった。

その通りにもうひとつ、行きつけていた店があった。
『サントイス』というおもちゃ屋である。
ここは、面白いことにおもちゃだけでなく、家電品や
生活雑貨なども取り扱っていた。
ちょっとした量販店という感じだ。

中学生の頃は、ここで何度か『ゲーム&ウォッチ』を買った。
その後は特に通うようなことは無かったが、
高校三年のころ、『ファミリーコンピュータ』が発売された。
卒業してからになるが、サントイスでファミコンを買った
ここではファミコンソフトが3,800円くらいで買えたと思う。
確か定価が4,500円ほどの頃だった。
オイラが買い始めた頃は、『ベースボール』とか
ドンキーコング』とかくらいしかなかったところに、
ギャラクシアン』が出て、さらにしばくして
ゼビウス』が発売されることで、「ファミコンブーム」の
基礎が出来上がった時代だ。

毎週ソフトが発売されるので、自然に毎週水曜
サントイスに通うようになった。

サントイスは、ゲームソフトを買うついでに、生活雑貨が買えたので、
けっこう便利だった。

そうやって2~3年も通っていれば、すっかり常連になってしまって、
しかもゲームしか買わない20歳前後の兄ちゃんだから、
店員さんも印象に残っていたのだろう。
さらに言えば、オイラはいつも、ほぼ同じ格好をしていたんだよね(笑)
冬なんて、ジャンパーは壊れるまで同じものを着続けていたし。

セガのマークIII機を、たぶん『北斗の拳』か『スケバン刑事』をやりたくて
買ったときに、おばあさん店員に話しかけられて、
二、三話したのがきっかけで、何人かの店員さんと親しく会話するようになった。

PCエンジン』やら『メガドライブ』やらを買うようになった頃には、
「今度出るソフトだけど、売れるかな?」とか、
店長の奥さんに聞かれたりするようになっていた
知ったかぶりして、雑誌の受け売りを語ったりしたけど、
へたをするとサントイスの売り上げ推移に、多大な打撃
与えていたかもしれない(笑)

しかし、『プレイステーション』前後のあたりから、小売状況が
かわってきたらしい。

家電を扱っていたくらいだから、当然扱うと思っていた
『3DO』は売り出さなかった。
これに関しては、結果的には良かったわけだが、
オイラ的には「ゲームを買うならサントイス」という図式が
壊れてきた頃だった。

プレステ』『サターン』は扱っていたが、通勤に京急を使っている
オイラは、駅前にヨドバシができてからは、あまり顔を出さなくなった。

そうこうするうちに、サントイスは家電とおもちゃをやめて、
生活用品だけでやっていくことになってしまった。

オイラが結婚して1~2年後くらいのことだから、まだ20世紀のころだね。
それでも8年くらいやっていたわけだが、生活用品なら、
近所の百円均一で買ったりするので、まったく足が遠のいてしまった。

親しくさせてもらっていたので、『ドラクエ』や『FF』は並ばずに買わせていただいていたし、
本当にお世話になっていた。
まだゲームを扱ってたいら、『DSライト』や『どうぶつの森』など、入手困難だったものも、
比較的早く入手して、子供に感心されていたかもしれない(笑)

いつの間にか2階へ上がれなくなってしまったりしていたようで、
細々という言葉を当てはめたくなる状況だったのだが、
先日、8月28日に遂に閉店してしまった。

事前に情報を貰っていたので、閉店前に一度くらい顔を出してみようかと
思っていたのだが、時間がとれず、結局いけなかったのが残念だ。

| | Comments (37) | TrackBack (0)

August 03, 2006

異常なし・・・?

心配してくれている人は、皆無だと思うけど
40歳健診から一週間以上過ぎてるので、書き込んでおかないとね。

実は、忙しいのと面倒なのとで、結果を聞きに行ってない(汗)

土曜の夜に思い出して、ヨメさんに確認したところ、
何も連絡は無かったとのこと。

こっちから行かないと結果は教えてくれないのかもしれないってことで、
月曜日にもヨメさんが行って聞くことになったんだけど、
ヨメさんは未だに行ってない(笑)

連絡が来ないのだから、深刻なことにはなって無いんだろうとは思うが、
お金出して調べてもらった結果くらい聞いておかなきゃ、
無駄な出費をしたような気がするよ。

無理やり時間を作って聞きに行くほど、自分の身体に興味ないんだけどなあ。

ここに書き込んじゃった手前、中途半端じゃいかんよね。

そのうち訊きに行こう。

| | Comments (32) | TrackBack (0)

July 26, 2006

高校以来の健康診断

先日、40歳健診とか言うのに行ってきた。

オイラ、医者にかかったことが無い。
まったく無いわけではないけど、怪我をした時くらいだね。

風邪ひいても薬で治してしまうし、春先には
花粉症にかかっているっぽいけど、
医者に認定されたわけではない
花粉症用の薬で収まるので、そうなんだろうと思ってるだけ。

だから、どこぞから40歳健診の案内が来てても、気にしてなかった。
ヨメさんがタダだから行って来いって、しつこかったので、
行くことにしたのである。

それでも、ぐずぐずしているうちに期限切れになればいい、くらいに
思っていたのだが、ヨメさんがまた、お膳立てを始めた

5日の水曜日の朝だったと思う。
7月8日の土曜は休みかと聞かれた
オイラの土曜休みは月ごとに違っているけど、基本的には隔週の休みだ。
8日は休みだったので、その日に予約を入れると言っていた

会社から帰ると、
15日に予約入れてきたよ」とヨメさん。
あれ?8日って言ってなかったっけ?

聞けば、健診の前に検便(今もそういうのかな?)を
二度ばかり提出しなければならないので、
今週にはできないと言うことだった。

それにしたって、休みの次の週は出勤の場合があるのに、
確認もなしで予約するかね。

「残念だけど15日は出勤なので、キャンセルしといてね」
と、言っておいたのだが、
後日「22日に替えてもらった」とのこと。

22日は休みだけど、また確認が無かったね

そんなこんなで、22日の土曜に受けてきた。

タダって話だったけど、肝炎とか肺がん、大腸がんの検査等は
有料オプションだった。

普通の時に検査頼むより安いらしいので、お願いしといた。

身長を測ったのって、高校3年の身体検査以来だなあ。
あの時は163.5cmだったけど、今回は166cmって言われたよ。
23年の間に2.5cm伸びてた(笑)

40歳と言えば、そろそろ縮みはじめる頃じゃないかと思うと、
166よりも高かった時期があったんじゃないかと、夢想してみる

血圧も測ったけど、数字忘れたな。
聞いただけじゃ正常かどうか知らないんだけど
看護婦さんが何にも言わなかったから、正常か、
異常でも注意を促すほどじゃなかったんだろうなと
勝手に解釈して、その場では質問しなかった。

あと、体重とか、心電図とか測って、採血された。
そこまでは看護士さんの仕事で、その後お医者さんの登場。

レントゲンを撮って、あと、あれはなんていうんだろう?
バリウム(バリュームか?)飲んで胃の中調べるやつ。
モニターで、リアルタイムで診るんだね

昔、健康診断か何かで撮ったレントゲンって、
前から撮ったと思うんだけど、
最近は後ろから撮るものなんだろうか。

バリウム飲む前に顆粒の薬を飲まされた。
ラムネみたいな感じで、すぐにゲップが出た。
「じゃあ、バリウム一口飲んで、ゲップが出そうになったら、
我慢してくださいね」って、言うの遅いよ
コーラ飲んだ後の癖で、普通にゲップしちゃったよ。

「もう出ちゃったんですけど・・・」と言うと、
もう一度飲まされて、
「あのね水井さん。胃って言うのは普段ぺしゃんこになっていて、
つぶれた風船みたいになってるんです。
それを膨らませてやらないと、検査できないんですよ」
などと、滔々と説明されてしまったよ

遊園地のアトラクションみたいな装置につかまって、
横になったり立ち上がったりされながら、検査された。
さすがに逆さまにはならないんだな

で、結果は次週の土曜日だそうで、
「お時間があれば、土曜日に来ていただいて、
説明させていただきますよ」ということらしい。

土曜には行かないと思うけど、結果を聞いてから、
わからないところは聞きに行こうかと思う。

と、今のところのんきなことを書いてるけど、
のんきにかけるのが今のうちかもしれないとか思ったので、
書き込んでみた。

さて、来週以降、このブログが闘病記になるのか
乞うご期待だ。

| | Comments (199) | TrackBack (0)

December 21, 2005

まだ年が明けてないのに、「今年」とか書くのもおかしな話だけど

年賀状書きが完了した。
オイラは年賀状を書く方だ。

小学生くらいの頃から書いている。
義理堅いとかそういう理由ではない。

中学、高校の頃に気づいたのだが、オイラに来る
年賀状は、大半が「返事」だった。
年賀状に消印が付いているのだ。

聞くと、みんな年賀状が来てから書くらしい。
オイラの友人は、そんなヤツばかりだったから、
自然とこちらが先に出すようになった。

弟がいるので、なんとなく年賀状が少ないのが悔しかったから(笑)

高校も卒業したあたりで気づいたんだけど、
その頃って「正月の楽しみ」って言ったら、年賀状を見ることしか無くなってた。

子供の頃なら「お年玉」「コマ回し」「凧揚げ」などいろいろとあった。
オイラは子供の頃からインドア派だったので、「すごろく」とか
福笑い」などもやりたかったんだけど、
なぜか友達はアウトドアな奴らばかりで、外の遊びが多かった。

今は、テレビゲームで、全国の知らない人と遊べるのだから、
すごい時代になったものだ。
30年前にこんなのがあったら、オイラ、間違いなく引きこもりになってたね。
(そんなことになったら、ためらい無くテレビを捨てる両親ですが/笑)

お年玉ももらえない年になって、凧やコマでも遊ばなくなれば、
あと正月のイベントと言えば、「初詣」と「年賀状」くらいではないか。
人ごみがキライなオイラは、「初詣」は即却下。
「年賀状」が残るわけだけど、これもこっちから出さないと、
もらえる保証が無い(苦笑)

そんなわけで、この時期は年賀状書きに追われる。

最近は便利になったもので、パソコンで簡単に作れてしまう。

昔は一枚一枚手で書いたので、ほとんど28日くらいにやっと完成して
あわてて出しに行ったりしたものだ。

手で描くと、なんとなく同じ絵を描きたくなくて、全部違うのを
描いてみたりと、余計な手間をかけたものだ。

後半になると色も塗らなくなったりして(笑)

就職してからは、ドサクサにまぎれてコピー機を拝借した。
これで全部絵柄は同じになったけど、色を塗るのが大変だった。

面倒になって、スクリーントーンを使って、白黒で出すようになったなあ(笑)

ワープロを使うようになってから、宛名書きが楽になったよ。

パソコンを使うようになってからも、手描きの絵を入れるようにしている。
スキャナで取り込んで、着色してレイアウトする。

あんまりセンスは無いけど、作業が面白い。

実は、この作業のおかげで、年賀状を数種類
分けることが出来るようになった。

自分の友人向け、ヨメさんの友人向け、親戚向け、会社の人向け
と言った具合だ。
最近では、娘どもの友達向けと言うのもある。

普段あまり会わない友人に、家族写真付きの年賀状を送っても
あまり喜ばれないだろうし、会社の付き合い関係にも
同様だと思う。
でも、親戚やウチと同じように結婚して子供がある友達には、
家族や子供の写真をつけても不自然じゃない。
さらに、会社関係の人に、オイラのラクガキを添えて出すのも、
ちょっと違う気がする。
もうすこし気取った絵柄にするか、ソフトに入っているイラストを使う。

そういえば、オイラのイラストと、娘らの写真をレイアウトして作った
年賀状を、長女に見せて喜んでもらったことがあった。
でも友達から貰った年賀状は、専用ソフトか、業者に頼んだものが多くて、
『ファインディング・ニモ』とか『ディズニー・プリンセス』などの
絵柄がほとんどだった。
それを見た長女は、自分が出したしょぼい絵に気づいてしまって、
落ち込んでいた。

次の年から、ちょっと違法ながら、娘らの持っているグッズからスキャンしたり、
ウェブからくすねた画像や壁紙を使って、レイアウトすることにしている。

娘の友達のところに関係者がいないことを、祈るばかりだ(汗)

| | Comments (11) | TrackBack (1)

August 03, 2005

こんなにあったのか・・・

前に、HDDオーディオプレイヤーの記録が消えたので、
録音し直しているという話を書いた。

時間の空いているときを見て、チョコチョコとインストール・転送を繰り返して、
先日、ほぼ完了した。

ウチにあるCDを引っ張り出して、録音しまくった。
しかし、前回録音した時に、ちゃんとラックに戻してなかったりして、
どこかに紛れ込んでしまって見当たらないのもあったりした。

それでも入れてみて驚いたのだが、4800曲を超えてしまっていた。

自転車通勤の片道10分程度の間に聞きたいので、
BGM系をはずしてこの曲数だ。

そして、凄いことに、その内容。
まず、洋楽はひとつも無い(笑)
あんまり知らないから。

そして、古い曲ばかり。まあ、今まで買ったCDを片っ端から
入れたのだから、古いのは当たり前だけど。
元々オイラは、テレビやラジオをつけたり、コンビニなどへいけば
勝手に聞こえてくるような、新しい曲はあんまり買わない。
なんか懐かしくて、手元において置きたいと思うものを、中心に買ったりする。
しかも、2曲以上聴きたい曲があるアルバムを選ぶ。

だから、オムニバスとかベストアルバムが多い。

『ニューミュージック大全集』とか『フォーク大全集』とか、
『70年代ドラマ主題歌集』とか、『テレビまんが主題歌のあゆみ』とか、
『ハンナバーベラ主題歌集』とか『どうよう大全集』とか・・・。
ベストは、昔のアイドルが多い。
B’zサザンなども、ベストアルバムで買ってるなあ。
最近買ったのも去年出たポルノグフィティのベストだったなあ。
だから、それ以降の彼らの曲は知らなかったりする。
(このベスト、レーベルゲート2だったから、取り込む時に金がかかったよ)

自然にだぶる曲も出てくるけど、かまわず放り込んだので、
その結果が4800曲。
厳密に言えば、もっと減るんだろう。

前の時もそうだったけど、これをランダム再生で聞くので、
ほとんど聞くことの無い曲も出てくるのだ(笑)

| | Comments (51) | TrackBack (0)

August 01, 2005

スズメも大変なのかな

金曜から、長女がひとりでヨメさんの実家へ、遊びに行った
6歳ともなると、そういう冒険をしてみたくなるものらしい。
聞くと、彼女はいつも家族でお邪魔した時に泊まらせてもらっている部屋に
(つまりは、ヨメさんの部屋だったところだが)に、一人で寝ているらしい

すぐに泣いて帰ってくると思っていたのだが、これには驚いた。

さて、こちらの手元には、次女がいるわけで、昨日の日曜はこいつを連れて
プールなんぞに行った。

オイラは鼻に水が入るのが嫌なので、あんまり泳ぎたくないのだが、
ちょっとは泳げるところを見せておかないとね(笑)

その帰り、公園でコンビニ弁当を食べることにした。

そのあたりの町内でお祭りをやっているせいか、誰もいない公園で、
結構くつろげた。

鳩やスズメがその辺をうろついていたので、弁当の飯粒を投げてみる

鳩もスズメもこぞって飯に群がる。

次女が喜ぶので、下手をすると弁当の半分くらい、くれてやったかもしれない。

そこでふと気づいたんだけど、スズメって人の手からえさをもらったりしない鳥じゃ無かったっけ?

オイラが小、中学生位のことだから、もう30年ほど前のことだけど、
ベランダに来るスズメに飯粒などをやろうと思って、ひょいと投げると
ぱっと逃げてしまっていた。
そのとき、母親か父親から「スズメは警戒心が強いから、人の手からは餌を食べない」
餌付けが難しい鳥だと聞かされた

そうすると『スズメのお宿』の話はどうなるのかと思ったけど、
現実にいくらやっても、スズメはオイラが見ている前では、決して餌を食べようとは
しなかったのだから、その説をずっと信じてきた。

それがどうだろう。
昨日のスズメたちは、警戒するどころか、鳩と争って餌を奪い合っていた。
投げた飯粒を空中で取ろうと、飛び上がるスズメまでいたよ

オイラが信じてきた説が正しかったとしたら、最近のスズメは、
カラスの都会進出に、食料的危機を感じて、積極的に捕食するようになったのかなあ。

大変なんだね。鳥といえども。

| | Comments (50) | TrackBack (0)

July 13, 2005

取調室

最近、ネタになりそうな体験をいくつかしてるのだけど、微妙に当事者じゃなくて、
事件を詳細に知らないので、どうも面白く書けそうに無い。

今日もちょっとしたことに遭遇して、警察署の取調室に入ったりした。

と言っても、オイラがご厄介になったわけではない。

父親がちょっと揉め事を起こした。

ある裏通りが、一方通行であるにもかかわらず、パチンコ屋の前と言うことで、
自転車が散乱している。
ここを自動車で通ろうとしたところ、前から女性の乗った自転車が来た。
くるまの横には、自転車がすり抜けられるスペースは無いと判断した父親は、
手を振って「どきなさい」と言う意思を伝えようとした。
ところが女性は「行きなさい」というジェスチャーだと勘違いして
くるまの横をすり抜けようとした。

後で双方の言い分を聞くと、ざっとこんな発端だったらしい。

この行為に父親がキレた。強引に入り込んできたと思ったらしい。

窓をあけて怒鳴りつけたようだ。父親は普通に注意をしたと言っているが、
「どうぞ行ってください」と言われたと思っている女性からすれば、
いきなり文句を言われれば、ひびるだろう。

普段からその場所の自転車マナーに憤慨していた父親は、
二言三言口論したのち、自転車を強引に取り上げて、道の端に持って行ったと言う。
女性の言い分だと、投げ捨てられたそうだが、詳しく聞くと言葉を濁したので、
半分くらいは誇張していると思う。
乱暴に取り扱われただろうけど、投げて無いんじゃないかな。

その後、口論の最中に女性は手首をつかまれたと主張するが、
父親はつかんでいないと一点張り。

売り言葉に買い言葉で、警察を呼んだそうだ。

相手が女性と言うだけで、かなり不利な状況だし、近頃は下手に手首なんて
つかめば立派に暴行と言われるご時世だ。

見ると、ご丁寧にも女性の腕には赤く跡がある。

このあざ、数時間後にも消えるどころか、青あざになってたんだが、
70手前の年寄りがつかんだにしては、ずいぶん強くつかんだものだなあと、
逆に感心してしまった。

父親はつかんでいないと主張しているけど、現に「あざ」が証拠としてある以上、
現場を見ていないオイラが、ヘンに疑ってみても話がこじれるだけなので、
平謝りに謝っておいたんだけど。
本当にウチの父親があざを作ったのなら、つかまれたときの恐怖と言うのは
尋常では無かっただろうし、女性の話が本当であれば、疑うことで、傷つけることに
なりかねないとも思った。

その女性の話を聞いていると、「私が女だから、最初からナメてかかったんだ」というような
コトを、話の端々で言っていた。
女性であることにコンプレックスを感じているのかな、とか、
過去にそういう悔しい思いをしたことがあるのかな、とか思った。

ウチの父親は、相手が女性だろうがヤクザだろうが、自分が正しいと思ったら、
食って掛かるところがあるんだけどね。

ま、今回は、その正しさも少々空回りと言うところかもしれないけど。

結局、双方にわだかまりが残りつつ、「和解」と言う形で収まったみたいなんだけど・・・。

で、オイラは警察署から近い所に住んでいると言うことで、身元引受人として出向いたわけ。

もうちょっとで終わるから、ということで、空いてる取調室で待つことになったのだ。
そこは「強行犯係」とか書かれていたので、普段はもっと怖い人を取り調べる所のようだ。
壁には鏡もあったし。
反対側の壁に落書きがあったのは笑えた。「○○参上」とか「○○連合」とかが多かった。
暴走族みたいな連中がここで待たされたりしたら、こういうこと書くんだろうな。
「参上」って赤影(もしくはハットリくん)かい。連れて来られて「参上」も無いものだが・・・。

あと、血飛沫の跡なんかもあったんだけど、どういう状況で壁に血の跡がつくんだろう((震))

取り調べる側の椅子は、事務用の椅子で、取り調べられる側はパイプ椅子というのも、
待遇的にどうなんだろうと思った。

| | Comments (33) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧