June 13, 2006

オーストラリアがとっても強く見えた

負けちゃったね、ニッポン。
オーストラリアって、日本がまだWC予選を勝ち抜けなかった頃、
3位決定戦でいつも日本を3位にしてくれる国、というイメージが
あったんだけど、夕べは強かったね。

なんか90分間常にオーストラリアの時間、という感じだった。

日本陣地でのプレーも多くて、もうハラハラものだった。

先制点こそ日本ゴールだったけど、相手のキーパーの判断ミスでもらった、
ラッキーゴールという印象もぬぐえないものだっただけに、
もう一点とって勢いをつけて欲しかったなあ

どうも日本はパスでつないでいこうとするあまり、ボールを出した後、
止まってしまっているように見えた。

そうかと思えば、気持ちが先走るのか、変なところでバランスを崩して、
敵にボールを取られる場面もあったようだ。

前半は川口のスーパーセーブや、ディフェンス陣の的確な判断
助けられていた感じだが、中盤が球を獲られ過ぎだったんじゃ無いだろうか。

スライディングで綺麗に獲られてたよね(笑)

押されっぱなしの展開だけに、カウンターで攻撃する場面が目立ったけど、
あまりスピーディーに切り込んでゆくところが見られなかった。

なんか迷っている感じ。

相手のディフェンスが手ごわかったのか、ゴール前で勢いが消えてしまう
とりあえずシュートしてみるのもいいんじゃないかと思う場面で、
パスばっかりしてた。
ダイレクトでシュートしていれば、少なくとも威嚇にはなってたんじゃないかな。

オーストラリアがいくらシュートしても、中々点にならなかったわけだから、
あせったり集中を切らせるためにも、どんどんシュートするべきだったと思うのは、
素人考えだろうか。

| | Comments (1067) | TrackBack (0)

June 15, 2005

今更の訂正

先日の書き込み後、ニュースなどを見て、なんか違和感を感じていた。

どうやらゴールシーンを勘違いして記憶していたらしい。

実は、長女が遅くまで起きていて、それをたしなめたり、
別な話で話し相手になったりししながら見ていたので、
記憶違いが生じたらしい。

大黒がキーパーを抜いてゴールしたのは、2点目だったんだね。

もっと早く気づいていたら、当日の書き込みを書き直すんだけど、
なんかずいぶん時間が過ぎちゃったので、訂正のための書き込みをしておくことにする。

読んでる人もいないだろうから、あんまり関係各位にご迷惑はかけてないかも知れないけど
ここに訂正とお詫びを申し上げておくとします。
ども、失礼しました。

| | Comments (1358) | TrackBack (0)

June 09, 2005

W杯出場決定、おめでとー

3度目のワールドカップ出場であるね。
1度目の時は、すでに次回が日本・韓国で開催されることが決まっていて、
その前に出ておかないと、「日本はW杯出場を金で買った」なんて言われかねない状況での
出場決定に、ホッとしたものだった。
2度目は、そういうわけで予選免除での出場だったので、
予選のカンが鈍って、次の出場は大丈夫か?とか思ってた。

サッカーは好きだけど、元々スポーツ観戦という趣味がないので、
こういうお祭り的なものしか見ないから、今年の代表の
各選手とか、それらの全体のレベルとか、全然知らないんだけど、
今回は、予選グループの相手にも恵まれていたような印象があるね。

昨日の試合は、温度とか、観客がいないとか、いろいろと要素はあったのだろうけど、
なんだか動きが重い感じに見えた
前半など、相手ゴール前での展開が多かったのに、パス回しに失敗したり、
ダイレクトにシュートすべき場面でトラップしたり、
微妙に「いい場所」から外れたところにいたようで、シュートで終わらないプレイばかりだった。

こういう展開って、集中力が切れたら、一気にひっくり返されるって、よく言われるので、心配だった。

ウチの娘が言ってたよ。「青い方が少ないね」って。
娘は他のことして遊んでたので、ワンカットしか見ていないので、
そのフレームに収まった人数を言っていたんだと思うけど、
オイラには、動きの鈍い日本代用への揶揄に聞こえたよ

ただし、相手の北朝鮮も動きの鈍いことにかけては、同等だったみたいで。

先に集中力が切れたのも、北朝鮮だったようで、なんかじつにあっけなくゴールが決まったよね
気持ちいいくらい簡単にキーパーを抜けたように見えた。

二点目が決まった直後の接触プレイで、相手チームのエースが、子供っぽいキレ方してたなあ。
一瞬、試合を壊しにかかったのかと思ったけど、すぐにおさまって、
レッドカードがでて、「ご愛嬌」で済んだかんじでよかった良かった。

| | Comments (218) | TrackBack (1)